ホノルルで活躍する日本人警察官

ハワイ・ホノルルで活躍している女性警察官

なんと、あのハワイで警察官になっている日本人女性がいます。
ハワイと言えば、日本から訪れる人も非常に多く「楽園」として知られるレジャースポット。そんなハワイで警察官として働く理由には、いったいどの様なものがあるのでしょう。
そんなハワイ発の日本人女性警察官について迫ってみました。

もともと警察官になりたかったという谷口さん

ハワイ・ホノルルで警察官として働く女性は、谷口るみ子さんという方です。
谷口さんの実家は三代続く警察官という家庭。
これが影響してか、谷口さんは子供のころから「警察官になりたい」という夢を持っていたそうです。
そんなおもいを持ちながら、谷口さんは単身NYへ留学。それから帰国しましたが、日本の警察採用試験は年齢制限があったためにあきらめざるを得なくなりました。

日本の名門ホテルに就職した谷口さんは、そこから海外へと派遣され、あらゆる国で実績を積みました。カンボジアからバリ島まで、あらゆる場所にある同ホテルで働き、なんとホテルマネージャーとして働くまでに上り詰めました。
ホテルマネージャーになるということは、ホテルの顔になるということとおなじことです。これがどんなに名誉なことか、言わなくても解るでしょう。

そんな谷口さんですが、そこまでのぼりつめても「警察官になりたい」という夢をあきらめることはできませんでした。
そんな時、谷口さんはハワイの制度に目を付けます。
ハワイであれば、グリーンカードを持っていればアメリカ人ではなくても警察官になることができる。
その制度のことを知り、ホテルをやめてハワイへと移住しました。

そこで試験を受けて警察学校へ入学し、難しい試験をすべてこなして警察官になったとか。
警察官になりたいという夢をかなえただけでなく、なんと「海外で活躍する」というハードルの高いことまで叶えてしまった谷口さん。
まさに日本人女性の憧れであり、また「こうなりたい」とおもえるモデルケースなのではないでしょうか。

谷口さんは、今もしっかりとハワイで警察をしているそうで、現地で喧嘩から強盗まで本当に多くの事件に関わっているそうです。
女性だからということはなく、どんな事件にも果敢にとりくんでいく谷口さんの姿は、多くの日本人女性に勇気を与えるでしょう。

この様に、日本ではなく海外で働く女性もどんどん増加しています。
ハワイで働く谷口さんの様に、海外で働く女性がもっともっと増加していったら素敵ですね。
今後はさらに多くの女性が谷口さんの様に活躍していくことを願いたいです。
谷口さんの様な活躍ができる日本人が、今後も増え続けてくれると素敵なのではないでしょうか。

あわせて読みたい