スイス2

日本に住んでいると、なかなか外国の警察について考える機会は少ないのではないかと思います。
もはや、日本の警察の事情も知らないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、治安を守るということについては、警察が活躍しているということができます。
それに警察の働きについてしっかりと理解をしておくということは、現代を生きている私たちにとって、決して無駄なことだとは言えないのではないかと思います。

亡命先になっていた

そのため、まずはしっかりと警察の働きについて考えてみるということもよいことだといえるのではないでしょうか。
昔から永世中立国として名の高かったスイスの警察事情は、とても複雑だといえます。
永世中立国としての立場上、表立った活躍をすることもできないでしょう。
それに亡命先としてスイスを選ぶ人も多かったと考えられるため、とても警察は大変であったといえるのではないかと思います。

スイスは治安がよい?

そのようなスイスの警察事情ですが、最近では、スイスが治安が良いとして有名になってきています。
日本も治安が良いとして有名なのは言うまでもないと思いますが、そのため、海外に行くとその治安の悪さに驚いたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかしスイスであれば、治安が良いので安心して旅行に行けるという方もいらっしゃいます。
そして現実に、治安の良さを考慮してスイスに旅行に行く計画をたてて家族でスイスへと旅行へ行かれる方もいらっしゃるのです。
なぜスイスの治安が良いかということですが、もちろんさまざまな理由はあるものだと思います。

土地的条件や、人柄によっても治安というものは左右されますので、一概に原因を決めることは難しいといえるのではないでしょうか。
しかし、確実にいえることは、諸外国の中でも、警察がしっかりと働いているといえます。
警察がしっかりと働いているということは、やはり治安が良いということにもつながります。
治安が良いということを売りとしている場合には、やはり警察の働きが重要になってくるでしょう。
そういったことからも、スイスの警察事情の重要さがうかがえるのではないかと思います。

スイスの警察官は激務?

しかし、データを調べてみると、スイスの、人口一人あたりにおける警察官の割合というのは、日本に比べると低いということがわかります。
そのため、警察官一人一人の働きが、日本と比べるととても多いということがいえるでしょう。
警察官は、さまざまなことについて取り締まりなどで仕事があると思いますので、スイスの警察事情としては、やはり激務が不安視されるのではないかと思います。

しかし、治安が良く、市民の安心感を得るという点においては、やはり警察官の存在というものは欠かせないものです。
警察官は、やはりしっかりとした働きを求められているというのは、スイスや日本にかかわらず、どの国でもいえることでしょう。

あわせて読みたい