韓国

その国ごとに特徴や歴史があるのが警察官です。
例えば韓国の警察官の歴史はどのようになっているのでしょう。

韓国の警察は国家組織である

日本と比べますとかなり相違があり、韓国の警察は国家組織です。
日本では半独立的な役割の警察ですが、韓国ではそのような組織体制になっていません。
その理由は日本統治時代に関わりがあるといわれています。

南北間の軍事的緊張状態などもあり残っているのです。
さらに最大の特徴ともいえるのが戦闘警察隊であり、この戦闘警察隊というのは準軍事組織です。
どのような働きを見せているのかといいますと、北朝鮮からの侵入などに対応をしています。

南北間の問題

これは韓国と北朝鮮の歴史に関わっているといえるでしょう。
韓国と北朝鮮は、現在も休戦中となっています。
その為、潜入工作員などが毎年送り込まれる可能性を持っているのです。
潜入工作員が、韓国に入ることで韓国の国家運営に関わりますので、安定した国家運営を行うことが出来なくなるのです。

そこで専門的に、北朝鮮からの潜入工作員を取り締まる役割を持った警察官がいます。
潜入工作員によるテロや武装ゲリラ等が起こす事件の解決も、戦闘警察隊の役割です。
武装警察部隊とも呼ばれていますが、同時に地方警察庁に配備もされており、機動隊員としても活躍している警察官です。
デモの整理や暴動鎮圧等の警備任務も行っています。

徴兵制度がある

こちらの方々は徴兵によって集められた方で、なぜならテロなどの過激な集団に立ち向かわなければいけません。
立ち向かう為にも、韓国陸軍で軍事訓練を受けます。
その後、警察に出向するのです。
出向後、デモやテロといった事件などを取り締まったりします。

サイバーテロがさかんになっている

そのほかにも現在韓国で問題視されているハッキングなどの対策にも、警察官の活躍が期待されているのです。
韓国警察庁にはサイバーテロ対応センターがあり、ハッキングなどの対策や取締りを徹底しています。
韓国は世界一ともいわれているほど、ネット社会です。
情報の共有という目的だけではなく犯罪でも多く使われているのが現状です。
インターネットによる犯罪を未然に防ぐ為にも、韓国警察の活躍が重要視されています。
国際的なハッキング被害も取り締まっていて、サイバーテロ被害から韓国を守っている役割です。

制服がかっこいい

このような活躍以外にも注目されているとして、韓国警察官の制服のデザインも魅力としてあげられるでしょう。
とてもかっこいいデザインです。
韓国の警察パトカーなどもかなりカラフルになっていて、日本とは違うイメージとなります。
目立つデザインのパトカーに合わせた、かっこいいデザインの制服です。

女性警察官も、かなりスタイリッシュなデザインの制服となっています。
幅広い活躍を見せていて、世界の国にも引けをとらない、国際的な活躍も見せている韓国警察は、歴史に深く関わっており、その歴史をしっかりと受け継いだまま現在の活躍につながっている組織といえるでしょう。
捜査なども一流となっていて、独自の活躍を見せているのです。

あわせて読みたい