タイ

東南アジアの中でも旅行者に人気の高い国、タイ王国。
その魅力は、ひとなつっこいほほ笑みを見せてくれるタイ人の個性や、女性ひとりで訪れても安心なショッピングモールが豊富にあることなど様々です。
人気のビーチ、プーケットなどは、地元タイ人よりもウェスタン観光客の方がはるかに多く、自分がどこにいるのか一瞬戸惑ってしまうほどです。

しかし、そんな魅力的な国、タイと言えど犯罪と無縁ではありません。
旅行者を狙う犯罪やそれによる被害は後を立たず、外務省や日本大使館は常に注意を喚起しています。
ここで、そのいくつかを取り上げてみたいと思います。

親しげに近寄ってくる人を簡単に信用しない

中には日本語を流暢に話すタイ人が近づいてくることもあります。
銀行よりも良いレートで両替をすると言ったり、知り合いの日本人を紹介したいので一緒に来てほしいなど内容は様々ですが、いずれにしても関わってはなりません。
曖昧な返事ではなく、きっぱりとした態度でその場を離れましょう。

客引きに注意

夜店を歩いていると、例えカップルであっても積極的にアダルトDVDを勧めてくる店員がいます。
相手にせず、無視しましょう。わたしが目撃した中には、DVD購入後にパブへ行こうと誘われ、断り切れずにお店に入って行く日本人男性観光客が多数いました。
どんなトラブルや危険が迫っているか分かりません。
誘惑に負けず、毅然とした態度を示すことがこのような場面では必要です。

デモや政治集会などが行われている場所には近づかない

普段は温厚なタイ人ですが、何かのきっかけにより暴徒と化し、長期に渡る抗議活動を行なうことがあります。数年前のタクシン派のニュースは日本でも報道されていたので、記憶にある方も多いことでしょう。

中には「暴動にさえ近寄らなければ大丈夫」と言って付近をうろつく観光客もいるようですが、はっきり申し上げまして危険行為です。
その政党や活動の象徴となるカラーを身に付けるだけで、警察官から尋問を受けるということもあるようです。
興味本位で近寄ることは決してせず、警察官の指示に従うようにしましょう。
事前に大使館のホームページで情報収集しておくのは良い方法ですし、万が一、旅行中にそのような事態が町で起こってしまった時は、すみやかに宿泊施設に戻って待機しましょう。

女性のひとり歩きも、あまりに遅い時間は避ける

タイ、特にバンコクのマーケットはそれほど遅くまで営業してはいません。
わたしの経験では、夜9:00〜10:00くらいの間に閉まる店が多かったように記憶しています。
営業時間中は若者や女性同士の買い物客、学生の姿が目立つナイトマーケットですが、閉店後は一気に閑散とし、酔っぱらいやホームレスがどこからともなくやってきます。
用もなくブラついていると絡まれる危険があるので、街が眠りに入りはじめたなら、そのペースに合わせましょう。

以上が気を付けたい点のいくつかですが、その他にも用心すべきことはたくさんあります。
麻薬の所持は終身刑もしくは極刑ですので、知らない人から荷物などを預かるのは絶対にやめましょう。
バンコクで配布されているフリーペーパーに、タイ刑務所で服役中の日本人による手記が掲載されていましたが、悲惨のひとことでした。

彼の生涯はタイで閉じられるものと思われます。
旅行は楽しいものだけに、日常の判断能力を鈍らせる危険な興奮も伴います。
一生を台無しにしないためにも、注意深く行動することを肝に命じておきましょう。

あわせて読みたい